2006年7月29日(土)
ベスパー北商店街の危機!?

以前の日記で、UOのマジックアクセサリーをリアルで再現するのは可能か、と言うことを書いた。
例えば、「ペンダント・オブ・マギ」。
ゲーム内のグラフィックは非常に簡素なものだけれど、その材料とマジック効果から、色々想像を膨らませてみる。


そして作ってみた2点。


ぶら下がっている赤い石が、「Captured Essence」だと思ってください。
ちなみに、右の作品はShadow Ingotを使用という設定で。

丸い石をどうやってペンダントに組み込むかは、フレーミングの方法で解決。
そして、マジックアイテムなのだから少々大げさな装飾でもいいかもしれない、と本に載っていたモチーフを作成してくっつけてみた。
あとは、チェーンの部分にパールを5個つければ完成。


いかがでしょう?



    


「ベスパーとパプワにオフディアンの軍勢が侵攻!」


ベスパーの北には、E-S&SUNメンバーが運営しているショップが立ち並んでいます。
となれば、恒例の合同活動日でやることは唯一つ。




ベスパーの平和は我らが守る!





直ゲートが使えないので、ミノックゲートからいざ出陣!!

     
     
     






既にベスパーには、大勢の冒険者が到着してました。
 お久し振りのタイロッサム氏。


この騒ぎの中、シーフのHOLY氏に装備武器のジュカキング弓をやられました。
しかし、そのHOLY氏は、castella氏がきっちり仕留めてくれました。
弓は戻ってこなかったけれど、気が晴れたのでよしとするw
代わりに(?)白熊帽子が手に入ったし。


当然のことながら、赤い人達もがっつり来ました。
あっという間に毒フィールドが張られ、対人戦闘モードに入る銀行西の橋周辺。

こういうところが無限らしくて好きだなぁ。



オフディアン・バーサーカーは、カース属性のAFがゲットできるそうだけれど、ルート権すら取れなかった〜。
ペットでの攻撃より、EVSWの蟲を出した方が良いのかしらね。
2006年7月10日(月)
UO版ダヴィンチ・コードを追え!

行ってきました。Leonaride美術館!







モナ・リザの胸に抱かれてきました。



無限でも、歩いてるとパンダやラマやマリオとか見るけど、いずれにいしても、こういうドット絵を描くのって、凄いよね。














ここに辿りつくまでの間に知った、ブリタニアのあれやこれ。


Heage Mazeの主(?)の名前は、Reivinian
悪魔召還を行った罪で、国を終われてこの迷路に逃げ込んだ。
その因果で、ここの迷路には悪魔が湧く」


Aluziさんに教えて頂きました。
初めて知ったよーーーー!
2006年7月8日(土)
惨敗

とある人の、ちょっと間抜けな言動。
← himiやらniniやらhiniやら。

  

散歩している途中で見つけた素敵な家。パブリックだったので、お邪魔させてもらいました。

1階が酒場で、2階が宿。まさに、冒険者が集う場所と言う感じですね。
シンプルな内装が、更に雰囲気を出していると思いました。


家と言えば、これも凄い!アンブラの某所にある、Clsさんの家。
 
是非、実際に見に行っていただきたい物件です。



そして、今日の合同活動日。

ベドラム地下のチャンピオン湧きに挑戦。
沼系のモンスが湧きます。臭いそうです
第1段階が、ボグリングとプレイグスポーン。第2段階が、ボグシングとプレイグビースト。
第3段階は、プレイグビーストロードと、角の生えたヘンなヤツ。



蝋燭9本までは行ったけれど、ここから進めることが出来なかった!

まず、場所が狭い。
そして、ロードも角のヤツも硬いし、なにより粘液を撒き散らすから、それがネックでなかなか倒せず。
また物資の補給も一苦労。
確かに、ベドラムはアンブラ内にあるけれど、外に出るまでが大変。補給のために上に出たものの、アンデッドにタゲられて死亡する者続出。
そして、巻き戻りを繰り返すこと数回。
とうとう諦めて、撤収することにしました。


その撤収の際、上のモンスのタゲを貰わないように徳を使ったのですが、そのせいで他の人があおりを喰らってしまったようで……。
すみませっ。




徳之島チャンピオンよりキツイんじゃないかなぁ、ここは。

ちなみに、ここのチャンピオン湧きでは、PSなどは出ません。
と、言うわけで、今回は惨敗でした〜。
2006年7月7日(金)
世はこともなし

七夕ということで、ブリ銀に短冊コーナーが出来ていました。
Pikkoちゃんと一緒に、願い事を書く。

 




前回の更新から、かなり日が空いてしまいましたが、その間にやっていたことというと……。

其の1

プチレア盗りに励んでみました。
うちのトレジャーハンターは「罠解除スキル」を持っていないので、HPの残量を読み間違えて死んだり。
スイカに大小の違いがあることに、今更気がついたり(ちなみにUO暦はそろそろ年)。





ついでに宣伝!


プチレアは、Shop IVALARDのベンダーで販売中。


ドライフラワーや食物系は、常に揃えています。
注文も承ります。



プチレアだけじゃなくて、DOOMレアもあります。
ステスク5〜20あります。



皮鎧、服飾ありますっ!









其の2
ヘイブンゲート周辺にて、新規さんと一緒に、Xを相手に死体をばら撒く。
 
半分意地です。10数回やって、流石に飽きましたが……。
その後、其の新規さんとしばし歓談。対人志望の方でした。現在スキル上げ中ということです。頑張ってくださいっ!

ところで、このX氏はどういう基準でルートしていくのでしょう?
武器や防具は、まぁ、わかります。
しかし、アクアリウム報酬のモアイを5体というのは、如何なものでしょう!?
あれは、E-SのGHでさえ持て余したという、曰く憑きのモアイなのに……。

律儀に全部引き取ってくれたX氏に、生暖かい拍手を送らせて頂きます。




其の3
バー・いかだ亭を訪問。園児服を着ているのは、Nusrin氏。

「キモイ」と言われていますが、『園児服が』ではなく、このSS直前の『彼の台詞が』、であります。
念のため。



其の4
ゴーレム作成。実は、ゴーレム作成は、これが初めてだったり。

ゴーレム、また以前の強さに戻らないかなぁ。
魔法攻撃無効だっけ?そうすれば、生産者でメイジローブ取りにいけるのに。


まったりまったり。
2006年6月24日(土)
ステスク、再び

先日、ブリ銀前で不思議な死体を見かけました。
Deep Snowって、深雪ちゃん……?
アカウント消しちゃったと言っていたはずなんだが……。
周りの人も、「Muzica(Deep Snow氏の元々の名前)、戻ったの?」と不思議そうに言っていました。

後日確認したところ、本人ではないことが判明しましたが……。

じゃあこの死体は、一体誰やねん(w



   


土曜日のPM22:30頃にステスク。

その提案も無謀だが、そのまま実行に移してしまうのも、また更に輪をかけて無謀ではないかと思う、今日この頃。



そのとき、E-SGHに集まっていたのは8人。
ちょっと足りないので、ブリ銀でメンバーを募ろうと赴くも、ブリ銀前は空っぽ状態。
聞けば、水晶ダンジョンに繰り出したらしい。
Joker氏が参加してくれる事になったが、それでも9人。



ま、いっか。



第2段階の血イカさえ何とかすれば良い訳だし。



今回の現場はラヴァ。石橋を渡ってすぐの所です。

湧く場所としては、なんとも微妙。血イカが溶岩の上に湧いた日にゃあ、目も当てられません。
なので、出来るだけ奥の方に誘導しつつ、殴る。



さて、今日のステスクでは、前回の教訓を生かした準備がされたことは言うまでもありませぬ。
包帯や神秘装備や予備楽器が入った緊急バッグ。更に包帯。
これで、万が一死体が爆破されて、荷物を全ロストしたとしても、何とかなるはず!


K.Oちゃん、かっこいい!

撃破。

血イカで少し時間をとったものの、最終ボスはさっくりといけました。
また、赤い人の襲撃も、例によってrukiさん達が見張って下さったおかげで、心配せずにすみました。



今回は、お金も全て回収。


その総額は、なんと1100K
110万gpってことですね!?
1人頭、120K。12万gpですよっ。



←お金の取り纏めをしていたK.Oさん。GPの輝きがあまりに眩しい模様。








今回の成果は、+256枚でした。
25を食べていなかったLesser Lama氏が一枚取り、後はサイコロ勝負。
出目に恵まれ、別キャラ用に1枚頂きました。ありがたや〜〜。


次は天使湧き?
2006年6月17日(土)
イヌを探せ……?

GMイベント発生!

土曜は、E-S&SUNとの合同活動日なのですが、
せっかくだからイベントに参加。


今回の依頼人は、宮廷魔術師のクレイニン氏。



え?
お婆さんを探すの?
違う?探すのはイヌ?
イヌを連れたおばあさん??



どうやら、イヌという名前のお婆さんを探すようです。
何故、このお婆さんを探さねばならないのかが、よくわかりませんが……。



クレイニンに導かれるまま、ブリの地下下水道に赴く。
ぎゅうぎゅう
ぞろぞろ
ここから、更にワープ。
ワープした先で、みっしり

いつも思うけど、こういうイベントって、無限ではスタミナが満タンでないと人間を含む障害物を乗り越えることが出来ない、ってのを無視しているよねー。
まだ着かないんですかっ!?
しかも、ここの迷路(?)。
気をつけないと通路から落ちてしまいます。落ちると遠回りしないと通路に上がれない、という厭らしい造りをしています。
ついでに、嫌がらせか思えないような一本橋までありました。
そして、またまたワープ



ワープゾーンを抜けた先は、陸の孤島だった。

そして、先客がいました。シーフです。


 彼は、ロストランドへの道を探している途中に我々の標的を見かけ、気になったので後を付けてみたらしい。


何も考えずに彼らに付いて来たら、ここに出た模様。そして、その後、問題の彼らは更にゲートを出して、どこかに行ってしまったようだ。そのゲートの跡がまだ青く残っている。
このシーフは、そのゲートに入りはしなかったものの、中を覗くことだけはしてみたらしい。
見えた風景を非常に詳しく教えてくれたばかりか、謎の呪文まで聞き取っていました。

最後の画像は、「何故ここにいるのか?」という問いに対しての言葉。
帰還の手段を持たずに、安易にゲートに入った結果のようですよ。
情報の御礼に、ブリへのゲートを出しました。


・・・・・・優秀なんだかバカなんだか、よくわからない人です。



彼が見た風景から思い当たるのは、イルシェナーの天使砦でした。
イヌを探して三千里。次はイルシェナーか……。


ところで、この時間(PM22:00頃)の霊性ゲートなんて、危険以外のナニモノでもありません。
皆、ゲートを出るなりダッシュです。
クレイニン氏の徒歩に合わせようなんて、蟻の触覚の先ほども思っていませんでした。



まあ、赤い人との遭遇もなく、皆目的の場所についた模様。




わけわかめKANAちゃん。


移動が多すぎて、ついていくのに一生懸命になってしまい、何が起こっているのかさっぱりわからない、と泣いていました。











ふたたび、みっしり
あの、やたら長い呪文(今となってはもはや思い出せない)を唱えた結果がこれかい!
結局、この小部屋の先に行く扉を開けることができず、帰還するということに。



乞う、ご期待……?


以上、GMイベントリポートでした。
2006年6月16日(金)
金曜日は、カジノ・バー

H.Anzo氏が主宰する、カジノ・バーに行ってきました。

カジノといえば、あれですよ。
一攫千金を狙ってギャンブラー達が集う、不夜城ですよ。
幸運の女神の寵愛を一身に浴びて、一夜にして巨万の富を手にする者。
賭けに負けて一瞬にして財産を失う者。
そんな人達の、笑顔と涙、悲喜交々が渦巻く魅惑の殿堂なわけですよ。


まずは軽く運試し。


全員が500gpずつ賭けて、箱の鍵を引き当てることが出来た人が全額を貰えるというもの。
ちなみに金額は、8人×500gpで、4000gp

各自ダイスを振って、一番目が大きかった人から時計回りで鍵を引く。


ちなみに、Filamの順番はビリ。


まあ、自分に廻ってくることはないだろうと、ほとんど諦めていたのですが……。









 あららん。残りものに福が来ました。

こりゃ、幸先がいいや〜♪



そして、次のステージに進む。


次のステージは、ガチンコ召還生物勝負!(←勝手に命名


召還者は、Anzo氏とa cat嬢。
どちらの召還生物が勝つかを賭けるわけです。
勝てば掛け金は2倍。
一応、緑テーブルが a cat嬢、赤テーブルがAnzo氏となっていて、1ラウンド終わるごとに賭け対象を変えることも可能です。



まず、第1ラウンド。
両者ともGray Wolf。結果はa cat嬢側の勝利。
歓びに湧く緑テーブル陣でしたが、ここから先が悪夢のような展開でしたっ。


なんと、3連敗!




召還生物はランダム出現とはいえ、ワニvsウサギとかグリズリーvs黒熊とかサソリvsクーガーとか、圧倒的な力の差があるものばかりって、どういうことなんだろー?



しかし、誰一人として、赤テーブル側に移動しようとしないのが、ギャンブラーかもしれません!



そしてまた、人間負けが込んでいると、思いもよらない行動に出たりするものです。
Nusrin氏、掛け金一挙に50K! 

まさに、大 博 打!

天晴れな勝負魂といえましょう!(しかし、実は本人の手は汗びっしょりだった模様)
このNusrin氏の博打に、誰よりもプレッシャーを感じていたのは a cat嬢だったのは、言うまでもありません。



運命の瞬間はきたれり!

  ゴリラVS馬  

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓


Winner 馬!!


Nusrin氏の前に、燦然と輝く100Kの小切手。


思わず泣きが入ってしまうAnzo氏。気持ちはわかります(^^;

なお、FilamNusrin氏に触発されて、その時の全財産3500gpを賭けてました。
よって、7000gpの儲け。
始まりは2000gpだったので、Total5000gpの儲けとなりました。


や〜、この召還生物勝負は、本当に熱くなった。
面白かった〜〜。
2006年6月10日(土)
徳之島チャンピオン討伐



店の改装も無事に終わり、再び水槽を設置しました。

ですが現在、私の頭の中ではあまりにも恐ろしい想像が渦巻いているのです。


もしかして、水槽をDeedに戻す時に、中の魚を避難させる必要はなかったのでは!?



ついでに、今更ながらFマジンシアだけは税率が低く設定してあることを知りました


金魚鉢20個……。おくそぉぉぉぉ!


 


合同活動にて。

 モアイ部長K.O氏の鶴の一声。

 そして展開される地獄絵図。

もれなく死亡w

徳之島のチャンピオン討伐現場からのレポートでした。


第2段階の、Lesser hiryuRevenant lionが一番つらかったような気がする。
こういう乱戦時は、バードの力の凄さが際立ちます。
そんでもって、自分のPスキルのなさに凹みます。もうちっと、うまく立ち回れるようにしたいです。




 ボスの黒やまんどん。

ノーマルのやまんどん自体狩った事がないので、強さの比較が出来ませんが、周囲に雷の範囲攻撃をぶちかますので、それがすっげぇ痛かったです。
あの雷攻撃は、直接打撃に対する反撃なのかなぁ。


しかし、数の暴力で撃破。
人数がいたということもあって、22:30過ぎ頃に始めて、帰還したのが23:30前だったから、意外に時間はかからなかった?
ちなみに、ここのチャンピオンはイルシェナーと同じで、PSは出ません。








このあと、オアシスでドラ湧きPS。
こちらは、本当に死んだだけで終わってしまった……orz。
2006年6月3日(土)
6月のIVALARDにまつわる出来事

店をちょっと手直ししようと思ったんだけれど、カスタマイズするには水槽をどかなければならないことに気がつく。
そのために、魚の一時避難用の水槽を買おうと、ブリテインに。

なに、この値段 (怒

Tは、いわゆる定価だというのは判る。
一般の3倍の値段だしな。とはいえ、75万てどうよ?家のカスタマイズ値段より高いよ!?
仕方がないので、金魚鉢を20個購入。一時的なものだから、これでいいや……。



一応、念のためにFにも行ってみました。
 論外

今、Fの税率は300%だから、判っていたんだけど……。
見た瞬間目玉が飛び出して、その目玉を探すために地面を這い蹲りましたよ。えぇ……。


あんまりなボルタック商店ぶりに、盗みが伝説なトレハンキャラを派閥に投入しようかと、血迷った考えを駆け巡らせてしまいました。
とはいえ、盗みとアルケミとトレハンぐらいしか出来ないんで、いまだに派閥の扉を叩けずにいるチキンな私です。



まぁ、それはともかくとして。



金魚鉢20個で、378720gp。それでも水槽の半額。
真冬に逆戻りした懐を、少しでもあったかくしようと、寄り道。お金とMAFゲット。でも、微妙にいらないMAF。


 こんな感じにリニューアル。こちらも、滝の店っぽく?



内奏しつつセキュアの中身を確認&整理をしていると、とあるアイテムがごっそり出てきた。
そのマイルドな笑顔を見て、K.Oさんの日記を思い出した。

なので、夜の活動にお土産として持って行く。

 手土産+K.Oさんの持分。

E-SのGHをモアイが埋め尽くす日は近いでしょう。