2006年5月27日(土)
ステスク

毎週恒例の、合同活動日〜。


今日は、ステスク攻略に挑戦です。
言いだしっぺは、先週(DOOMリベンジ)に引き続きFilamです。
 骸骨はばっちりです。


無謀ですか?
無謀ですねw




何もこんな時間(土曜の22時)に……という意見はもっともです。
が、個人的なリアル事情で、土日の早朝だと逆に参加できないんですね。なので、Filamはステスクをやったことがありません。(公開ステスクには行ったことはありますが、とても何かできるような状態ではなかった)

そんな理由で、ダメ元で提案したのですが……。


さすが、E-S&SUNの皆さん。便乗、襲撃覚悟で行こう!と、いうことになりました。

いつものメンバーに、Aluzi氏、ruki氏、DOREMI嬢、castella氏が加わり、総勢13名。


経験豊富なruki氏の先導で、ダスタード経由で宇宙に向かいました。

すると……。


偶然とは恐ろしいものです。
Gakkari-kun氏に遭遇してしまいました……。(SS撮り忘れました。ごめんなさい)


「あとで仲間と遊びに行くよ」と、ありがたくない友好的な言葉をかけて下さる氏に、
「中止しようか」という雰囲気がメンバーに広がります。

しかし、既にruki氏が骸骨を祭壇に置いている!そして開くボスへのゲート!



逝きましょう。覚悟の上です。



会場は、コブトスでした。
 早速取り囲み、叩く!


しかし、この第一段階で、はやくも危機が訪れました!
それは、危惧していた襲撃などではなく、物資不足!!このボス、死体喰うのね……。知らなかったわ。
見事に全ロストしました。
いや、まぁ、装備は別にいい。Filamは弓テイマーなので、最悪ペットさえ無事なら戦えます。
が!そのペットを回復させるための包帯がなければ、話にならない


やーもー、何がなんだか……。

包帯を提供してくださったRippleさん、神秘装備を補給しに行って下さったMayaさん。ありがとうございました。



さて、我々が屍を越えつつボスと格闘している間、当初予想し恐れていた襲撃は、何故かありませんでした。
来たのかもしれないけれど、それによる被害はなかった。

ちょっと気になって、入り口付近に行ってみると……。




 DOREMIさん、ruki氏、Philosophy氏、noah氏、castella氏がガードして下さっていました!
 

 本当にありがとうございました。


 時間帯が時間帯なだけに、覚悟はしていたけれど、やはり襲撃されると悔しいし、悲しさ倍増ですから、凄く心強かったです。











そんなこんなで、第一段階は突破。
どばっと出た血イカに、ちゅるちゅるとHP吸われて死亡する。うかつに近づくと、吸われる上に血イカのHPまで回復させてしまうのだ。ペットでも同じこと。
ここは、バードとメイジにお願いする。
この血イカには、不調をかけて召還デーモン2匹をぶつけると良いらしい


そして、ようやく最終段階!


 ← やったよぉぉ!



私の鞄の中にも、ステスクが2枚(20と5)も入りました! 



 GHに戻って枚数を数えたところ、+25が8枚も!一番枚数が多かったよ!
 おかげさまで、Filamも25の恩恵にあずかることができました。


 今日は、本当に楽しかった。
 
 ステスクに行けたこと。
 最初から最後までやり遂げたこと。
 自分の鞄にステスクが入ったこと。

 これらが本当に嬉しかった〜。

 
 皆様、お疲れ様でした!
 またやりましょう♪
 
 
2006年5月20日(土)
DOOMリベンジ達成!

UPが2週間後なんていう最悪の事態を、なんとか避けたい一心で、記憶とSSを掘り起こしました。
が、ただでさえ容量の少ない脳内HDに加え、プレイ中の要領の悪さが加わり、碌な記録が残っていないという体たらく。
包帯巻くのに一生懸命で、SSをタイミングよく撮れませぬ〜。
やっぱり、こういう時は自動撮影かなぁ。
なので、より詳しい記録はK.OさんのHPへ!



AFというアイテムが、DOOMというダンジョンと共に導入されて、既に幾星霜。

MAFMLAFはともかくとして、AFなんて代物は、私には無縁のアイテムだと思っていました。


ええ、この日まで!


この日初めて、AFを我がバッグに収めました

 証拠写真 



この日は、恒例のE-S&SUNとの合同活動日。
実は、この前の週もDOOMに行ったのですが、その時はまったく成果なしという状態。
10人ほどの人数で行って、3週ほどやっても1個も出ないとなると、悔しいと言うか虚しいと言うか……。
人に聞くと、それが普通らしいですが。

そんなわけで、今回の活動はリベンジということに相成り、結果は……。



12人で2週半して、AF3個。



つーか、出すぎだよ!ありえないよ、普通!!


執念?怨念?
もしかして、先週は誰かが呪われていたとか!?



1個目は、hiniさんが。(SS撮り忘れ。申し訳ない)
  2個目は、Sallyさんが。
 そして、3個目をFilamが!

メッセージが出たときは、我が目を疑いましたw


 E-SGHに戻り、改めて並べて鑑賞会。



こうしてプロパティを見ると、やっぱりAFって凄いんだなとしみじみ思います。
確かに、こんなアイテムが溢れたら、バランス崩れるわなぁ。

なんて思う一方で、スタッフ・オブ・マギも欲しいとか考えているFilamでしたっ。

2006年5月19日(金)
腹黒

BOSKANAちゃんに習って、腹黒度を測ってみた。(チェックサイトはこちら





うーむ、中間管理職どまりか〜。
中途半端じゃのう……。この程度の腹黒さでは、暴れん坊な将軍様に成敗されてしまうではないか。
やはり、せっかく腹黒いなら、魔王クラスまで上り詰めたいものよのぅ。


それにしても、ルックスの黒さって、どういう意味だろう……。色黒……?




 おまけ。リアル「Eye of Travesty」?



管理人が某所で展開している細工品を見て、Dolceさん曰く、


「ペンダント・オブ・マギを再現できないかな」


それを受けて、「目玉」に代わるものを探してみました。
その名も、「天眼石」!(直径10o)
 ・
 ・
 ・
と、商品名にはありましたが、ぶっちゃけ縞瑪瑙です。
縞の部分をうまく削りだして、目玉に見立てています。
これなら、それっぽく作れそうな気がする。
2006年4月22日(土)
鬼門解除なるか!?

UOとはあまり関係ないですが、とあるページに新作をUPしました。
興味がある方は、探してみてください。



宣伝ここまで。閑話休題



土曜日は、毎度おなじみ合同活動日〜。
『合同』と言っても、E-S&SUNの活動に、BOSP.Bが混ぜて頂いているものなのですが。

で、今回は、シタデルに行きました。
このダンジョン、Filamにとっては鬼門中の鬼門。今まで、チャレンジするたびに全滅していた恐ろしい場所です。
何故そんな場所に、行く気になったのか。
それは、ひとえに、Nabucco氏に会ったからです。

Nabucco氏はFFFP.Bの元になったギルド)時代に交流のあった人で、最近までブリタニアから離れていたそうですが、また復活されたそうです。
そんな彼に会い、旧友達の消息を話しながら、ふと振られた話題が、

「シタデルの鍵の集め方を教えてください」

でした。



シタデルの鍵の集め方かー。
あそこは鬼門だし、ついでに言えば1人で行ったことないからなー。
それに、赤鍵はステルサーでないとキツイし。
口頭で説明するより、実際に行った方が早いな。うん。



なんと言うか、ノリと勢い?



そんなわけで、集合場所であるE-SGHにナンパしたのでありました。


そして、シタデル



赤鍵はステルサーにお任せして、青鍵と黄鍵を手分けして集める。


青鍵部屋は、部屋が狭い上に一度に湧く人数が多いから、うかつに部屋に入ると、BOXされるの必至です。
しかし、それを乗り切ってしまえば、後はペットとEVの力押しで制圧は可能。なんだけど……。
一度全滅させると、次がなかなか湧かないのが、もう一つの難点ですねぇ。


そういう意味で、集めにくい鍵だと思います。


今回は、3回ぐらいの湧きで青鍵は出ました。
続いて赤鍵ゲットの知らせも入り、残る黄鍵も程なく入手。




   ぼこぼこぼこぼこっ。
 


あっという間に、ボスのHPゲージは真っ赤に。
ここまではいい。特に問題なし。



問題は、ここから。

ここから先の雑魚湧きで、何度涙を飲んだことかっ!




しかし、今回は違った!










雑魚が湧いた直後は、ボスを叩いていた戦列が乱れたものの湧きを見越していたメンバーがさくさくと動きます。

おかげで、雑魚湧きでボス叩き組が壊滅することもなく、ボスのHPを削ることに専念できました。



そして、どーんッと撃破!
お蔭様で、鬼門のトラウマが解消されたように思いますっ。









さて、今回の戦利品で、面白いものが二つほど。
  
左は、プロパティの質自体は特筆するような物ではないけれど、マナコストが「-5%」だったら5が並んで面白かったのに、という一品。
右は、おなじみMLAF。サイコロで、Hiniさんがゲットしました。
曰く、「Dioだ」
是非、「URYYYYYY!」と叫んで頂きたいと思います。

 うん。こう見ると、部族マスクゆえに、やっぱり変だよね。
2006年4月8日(土)
街の遊撃手 in Buccaneers Den

久々の、ギルドイベント〜♪ 詳細は、こちら → 「BOS会議室


早い話が、アーチャーになって模擬戦(?)です。
とはいえ、素でやってはスキルや装備の格差が生じるため、ルールを設置。


・装備は、主催側が用意したものを使用
・スキル(ハイドやステルスなど)、魔法、アイテム、SpMは使用禁止。
・自動オールネーム解除。手動オールネームも禁止。
・ステータスバーの引き抜き禁止
・徒歩


以上のようなルールで、街中を舞台に戦おう!という企画です。


会場は、当初ジェローム南島を予定していたのですが、参加ギルドすべてと同盟を締結することができず、急遽バッカニアーズ・デンに変更になりました。

  ↓参加者は、総勢18人。(BOSP.BArrE-SPeshanco氏、Nana氏、Kuroudia氏、Grave氏)


イベント進行は2部構成で、第1部は「バトルロワイヤル編」。第2部は「チーム戦」という段取り。


バトルロワイヤル編は、15分という時間制限を設置して、スタート!
自慢じゃないが、Filamの弓スキルは伝説です♪

 ・
 ・
 ・
 ・


  3分はもったと思う……。(めそり


戦死者は、蘇生&回収してから死にローブでゲート周辺に再集合。
意外にも、アーチャーが先に死んでいた。


タイムアウトでゲーム終了。逃げの一手を戦略にしていた人達が、最後まで生き延びていたようです。
勝者は4人ほどいました。(名前確認できず、すみません!)



そして、第2部。
今度は、チーム戦
でも、相手を全滅させるのではなくて、相手の陣地置かれたケーキを先に食べつくした方が勝ち。という、SLG的な勝負です。


  通称、還暦チーム(赤)殿様チーム(青)狩人チーム(緑)

ちなみに、Filam殿様チーム。メンバーは、Grave氏、Elay氏、LION氏、hini氏、Peshanco氏、そしてFilam

おお!?アーチャー率100%!?凄いぞ、殿様チーム!




銀行を拠点に定め、守りと攻め&斥候に分かれて行動開始。
交代しながら、とにかくケーキを食べに行こうという作戦です。



が……。




    ↑ ぎゃっ!?








のおぉぉぉぉぉ!?


あれよあれよという間に、仲間は戦死!
いつの間にやら、拠点に私一人を残すのみとなってしまいました。

どうやら、Lonar氏率いる狩人チームは、全員で出撃していた模様。
戦力を半分こしてしまったのが、むしろ仇になったというわけですなぁ。






 あーうー。多勢に無勢とはこのことだー。


そしてこのあと、狩人チームが還暦チームを襲撃し、軍配は狩人チームに上がったのでありました。
このあたりの顛末は、こちらこちらで詳しいレポートが紹介されています。是非、あわせてご覧下さい!





そしてラストは、主催のLonarさんをSKして有終の美と相成りました。




参加くださった皆様、ありがとうございました!
お疲れ様でした〜♪
2006年4月1日(土)
無限を咲き誇ろう

マジンシアに桜の木が植えられました。

  全部で12本。しかし、全てが花を咲かせているわけではない。

実は、この桜を咲かせるには、無限民の頑張りが必要なのですよ。
つまり、Fertile Dirtを1万個集めるごとに、桜の木1本が開花するのです。
1日の段階で、無限では1本が花をつけていました。後で聞いた話ですが、rsCショップのcuri嬢が頑張ってくれたお陰だそうです。


そんな、1日の夜。E-Sとの合同活動日。

その場に居合わせたメンバーによって、「サクラ咲かせ隊」が急遽結成されました。

目的は、もう一本サクラを咲かせる!です。



まず、各自のセキュアに眠っているFertile Dirtを放出。
中でも、a cat氏が大量のFertile Dirtを提供して下さいました。
これで2万個は目前に近づいたのでありまする♪



そして、咲かせ隊はFシェイムに向かいます。
人海戦術で土エレを狩り、Fertile Dirtを手に入れようという算段です。
土エレ1匹に付き、Fertile Dirt1〜5個。Fシェイムだと湧きも速いので、10分程度で50個は集められます。
咲かせ隊10人で乗り込んだ結果、あっという間に500個が集まりました。




  土エレの屍を越えて行きました。その間、うっかり自分のクーシーにミスアタックして、血の花を咲かせたりなんかしませんでしたよ!えぇ、決して……(号泣


樽に集めたFertile Dirtを突っ込み、2万個を突破。
PM24:00。その決定的な瞬間を見ることはできませんでしたが、2本目の桜を咲かせることができました!


残りは、あと10本。



  おまけ
 
 懐かしい御仁とFertile Dirtを集めてみたり。